に投稿

英語が出来ないとなにかと不便だと思う

先日、100円均一ショップで買い物をしていた時のことです。観光客と思われる中国人夫婦がレジで店員に何か聞いています。

店員は英語で答えてますが、「No.Englih」と言っています。英語が全く分からないようです。私の前にいたので、なんとなく巻き込まれました。

旅行者はぽん酢としょう油を持って悩んでいるようです。

私は少しは中国語がわかりますが、彼らの言っていることが分からなかったので、字を書いてもらうことにしました。

「醤油」この字は見ればわかりますが、書けませんよね。

ようやく彼らがしょう油を探していることが分かったので、こっちだと言いました。

店員がスマホの翻訳アプリを持ってくるまでに時間が掛かってしまったので、レジに置いてあるといいのにと思いました。

英語が全く分からないのに、中国語しかわからないのに、ツアーにも参加しなかったのでしょうか?

ちょっと無謀だなと思いました。

沖縄は観光地ですが、あらゆるものを多言語で表示するのは無理があります。

観光地でないところも観光客が来るようになってきているので、レジにすぐ翻訳アプリをだせるように置いておく、

観光客も簡単会話集は持ち歩くと良いと思います。病気やケガなど、緊急の場合もあるからです。

 

に投稿

地位や名誉がなくても生きていけるのだろうか。

人間は地位や名誉が好きな存在であると思っている。社会的名声を得ることができれば、それに対する報酬が与えられるようになると思うし、地位を築けば安定した高い収入を得られるかもしれない。地位や名誉の裏には、そういったお金の問題が少なかれあると思う。

だからこそ、その地位や名誉のための争いごとが絶えないのだろうと思う。ただ、誰しもが等しく地位や名誉を受けられるわけではないし、フェアな戦いだけではない。理不尽なこともいろいろある。また社会的に地位や名誉があっても、何かスキャンダルがあると一気に転落してしまう可能性がある。そういう危うい世界の中で、人それぞれ生きていると思う。個人的には僕自身も地位や名誉があることにこしたことはないと思っている。

切磋琢磨して、競争していきながら成長が見込まれるなら、それは素晴らしい。ただ、アンフェアな世界でいつも競争していかないといけないのなら、それほど苦しいことはないと思っている。つまりは八百長やデキレース。そういった事実もある。

それが発見され、またフェアな世界にしてくれればいいが、そうとは思えないこともしばしばあるのがこの世の中というものだろう。だから僕自身は、それに関して過度な期待を持つことはやめようと思っている。