に投稿

~慢性ニキビ肌歴15年の私がニキビ撲滅のために辿った軌跡~

あらゆる肌タイプがある中でも、女性にとって本当ににっくき相手の一つである”ニキビ”

朝起きたら、ふと鏡を見たら、ポツンと一か所。

ニキビ一つあるだけでも、ものすごくテンションが下がります。

プルエストは効果なしで効かない?購入して使った口コミ体験談と私の評価

そんな私は、敏感肌で、乾燥による脂性肌。

中学生になって13歳の頃から28歳になるまで、万年ニキビ肌に悩まされていました。

できる箇所は決まって、鼻と、顎。

よりによって一番目立つ顔の中心パーツ部分でした。

おまけにニキビというより、しこりや芯が太い吹き出物系で、ぼこっとした形状で、赤く炎症を起こすタイプが主にできる肌質でした。

1つ治っては、また1つニキビができ、治ったかと思えば全く同じところにまた発生。

しまいには、実は大きな吹き出物が3つほぼ同じ位置に発生してまるで巨大なしこりのような形になったり。

肌をぐりぐり擦っても、綺麗な卵肌の友達を本当に羨ましく思っていました。

比較的肌色が白いと言われる方だった私は余計に目立つニキビたちを撃退すべく、あらゆる改善方法を実践しまくりました。

皮膚科の薬をきちんと処方された通りに、長期で、塗り続ける。(2年以上)

食事のバランス、睡眠、生活リズム。(社会人になり特に気を付けました。)

サプリメント、漢方薬。(内側から体質改善を図る)

洗顔で使う種類、成分に気を遣うこと。(敏感肌で合わないとすぐニキビができるので)

大人になってからは、メイク用品はミネラル系。(乾燥しすぎで肌が油分過剰でニキビができやすかったため)

ありとあらゆるスキンケアを試す、色々美容液を重ねる。

結論から言うと、超短期、一時的であれば改善しましたが、またすぐ繰り返してニキビができる状態でした。

子供のころからずーっと悩んできた肌悩みですが、実は今は快方に向かいつつあります。

30歳になった今では、ゼロとはいかないものの、できるニキビの状態や期間はとても短く、少なくなりました。

散々あれこれ試してきたうえで28歳になった年、今までやってきた事を打ちのめされる情報を発見&実際に取り入れた事で、内側から肌質が改善されていくようになりました。

シンプルで、必要なものだけを使っていく意識をするようにしました。

クレンジングと洗顔は、タイマーを使って徹底管理。

それでももちろん、今でもニキビはできますし、合わないお化粧品を使うと肌が荒れたりするので、悩みは尽きません。

でも同じ悩みを共有することで、”なんで自分だけが”と己を追い詰めるのではなく、同じような人もいるんだ。

と少しでも励みになれればと思います。