に投稿

バストは永遠の装飾品

男性が女性を見る第一ポイントは、顔。

次にチェックするポイントは、バスト。

そのことをご存じでしょうか?

「いや、そんなことはない!」と否定する人がいるのも当たり前ですが・・・

男性の本能からいくと、むしろ順位は逆。

Hugme(ハグミー)は効果なし?話題のナイトブラの口コミを暴露!

髪の毛で女性の顔が見えなくとも、女性がどんな洋服を着ていても、必ずバストをチェックしているのが男性目線であります。

でも、実は、女性が思春期から年齢を重ねるごとに気にするのは『男性の視線』ではないということ。

大半の女性は、単純に『自分のバストの大きさ・バランス・たるみ具合』を鏡で見て、『自分の視線』で気にしている。

特に、産後のバストとダイエットによるバストの変化具合は、精神的なダメージを受ける女性も少なくはないと言われています。

納得したバストを手に入れるために女性が揃ってとる行動がいくつかあります。

サプリメント・エクササイズ・バスト補正ブラ・特定食品の過剰摂取。

最終兵器は、豊胸手術。服を脱がないならば、盛りブラが手段として用意されています。

エクササイズを除いて、すべてお金があってこそ存分に楽しめるもの。

わたしは、裕福でもない。産後の貧乳にショックをうける毎日。

でも、どんなバストになっても、日々変わらない愛情を無償で与えてくれる夫がいるだけで、最強の装飾品を持っていると感じます。