に投稿

生まれて初めてのプール

猛暑日が続き、できればプールや海水浴などなるべく涼しいところへ涼しいところへと考えるのが親たちだと思います。

息子が生まれ、今2歳半。早生まれなのもあって周りの同い年の子よりは少し小さめの息子ですが好奇心だけは旺盛で、みんなと同じようになんでも挑戦してくれる姿は親として嬉しくもあります。なにか刺激になればと思い主人と相談して4月から週2で幼稚園に通い出しました。週2しか行っていませんがその成長は凄まじく、たくさん出来る事が増えてきて通わせてよかったねと話しています。

さて、幼稚園も毎月あるわけではなくもちろん世間と同じように夏休みがあります。7月半ばで息子の幼稚園も一旦お休みに入りました。

夏休みに入る前の最終日、クラスのみんなと保護者でプールで遊ぶ授業がありました。今まで一度もプールに入った事がない息子、これで楽しそうなら今年の夏はプール三昧だなと期待しながら当日を迎えました。みんな水着に着替え、準備運動。とってもニコニコの息子。これは大丈夫だと確信しました。セノッピー

「はーい、ではプールに入る前にシャワーを浴びますよー。」先生の号令で子どもたちと手を繋ぎシャワーに向かう保護者たち。わたしも息子を連れてシャワーに向かいました。すると状況が一変、息子が大泣き。抱き上げても泣き止まず、とにかくシャワーから離れての一点張りでした。もうここから息子の気分はダダ下がりで、プールには入らない、今すぐ帰る。こんなもの着てられない、脱がせてくれと水着を脱ぎだす始末。なんとかなだめて入ろうと誘いますが今度はプールの深さに大泣き。言うても息子のおへそぐらいの深さです。

…お風呂の湯船大丈夫じゃん。なんで?(笑)

すごく不思議でしたが本人が嫌がるのを無理やり入れて今後一切入ってくれなくなるのはイヤだったので入るのは諦めました。

結局一緒に来ていた弟君や妹ちゃんたちが入れるように園側が用意した家庭用のプールに1人入り楽しそうに遊んでいました。深さがダメだったのかただただ怖かったのかその日の気分が乗らなかったのかわかりませんが、今年の夏のプールデビューはあえなく失敗となりました。

せっかく今年の夏はわたしも涼しい場所で遊べるのになあ、やっぱ親の思い通りにはならないなと子育ての難しさを改めて感じた出来事でした。