に投稿

一番大事なのは、身体に入れる食べ物!

私は海外が大好きで、アメリカに約1年住んだ経験があります。ご存じの通り、アメリカンフードはハンバーガー等が代表のように、かなりジャンキーです。ゼロキャロ

帰国後にはお尻が大きくなり、身体全体もむちむちで友人にかなり笑われました。笑 そこで痩せようと決意し、結局至った答えは、食べるものの変化が一番分かりやすいということです。アメリカの時と同じくらいお腹いっぱいまで日本食を食べていても、一気に体重が落ちました。その後減少が止まったので、意識して「19時以降は食事をしない、間食(お菓子)を食べない」を追加すると、更に体重が落ちました。原因は、高カロリーでバランスの悪い食生活だったのです。今ではカロリー計算をして食べているわけではありませんが、アメリカの時のように爆発的に体重が増えてしまう心配もありません。

ただし、年齢が上がるにつれて痩せにくい身体に変化していることも感じます。そこで、新陳代謝を上げるために、毎日のストレッチにヨガを取り入れるようにしています。体重の大きな変化はありませんが、翌日に筋肉痛になったり、見た目が引き締まったりと、良い効果も実感しています。やめてしまうと一気に元に戻ってしまいそうではありますが、今後も継続して食べるものに意識をし、身体を動かすようにしていこうと思っています!