に投稿

悩まされて続けるニキビ跡…

少女時代から、とにかく「たまご肌」が憧れでした。私は小学校6年生くらいから、ひどいニキビ炎症が顔中に出てしまい、学校に行くのも嫌なくらい悩んでいました。真っ赤で大きなニキビはとにかく恥ずかしくて、人と話すと見られるような気がして精神的にも大きな悩みでした。ビハキュアは効果なし?購入して3ヶ月使った私の口コミ&評価!

年々、炎症が収まり落ち着いてはきたものの、次の悩みは「ニキビ跡」。これでは憧れの「たまご肌」はもう叶わないと悟るわけです。そして大人になるとこの「ニキビ跡」が厄介者であることがだんだんわかってきました。

まず現れたのは凹凸の中にできた色素沈着。まるで肌が柄物のようなのです・・。無地がいいのに!そして赤みだけでなく、シミやら肝斑やらが重なってくるので、わけわからない状態になってくるわけです。どの治療から始めたらいいのやら・・。まずは基礎のお手入れから見直してみました。

洗顔は泡を使って優しく、肌に負担や刺激を与えないようにしました。血流をよくするためのマッサージをセルフケアとプロの手でも行ってもらいます。やはりプロにしてもらうと、改善効果が違うこともわかりました。もう「たまご肌」になることはさすがに諦めたものの、「自分のベスト肌」を見つけ出すことに専念していきたいと思います。