に投稿

育毛と発毛

育毛と発毛、この違いはあまり知られていません。この2つは似ていますが、考え方が違い、内容も異なります。その違いについて挙げていきたいと思います。

・育毛とは「育てて」抜け毛を減らすという考え方です。現段階ある髪の毛を育てて、維持し、抜けない環境を整えるということが大事です。

・発毛とは「生やして」抜け毛を防ぐという考え方です。成長するサイクルをやめてしまった髪をもとのサイクルに戻し、再び髪を生やします。

ベルタヘアローションは効果なし?

一般的な男性の薄毛である男性型脱毛症では、育毛による効果は望めず、発毛による治療が必要です。発毛剤の成分には種類があり用途も変わってきます。いくつか挙げてみます。

・ミニキシジル

外用剤として用いられる事が多く、毛母細胞を活性化させて、元のサイクルに戻し発毛を促します。

・フィナステリド

内服薬として用いられ、ホルモンに作用することで抜け毛を減らします。ミノキシジルのような発毛効果はないですが、脱毛を抑制する効果から発毛に分類されて良いと考えられます。

・デュタステリド

フィナステリドと同様な働きですが、効果はこちらのほうが高いです。しかし副作用が大きいので使用には注意が必要です。

どれも医師の診断が必要であるため注意して使用してください。

このように育毛、発毛は違うものであり、発毛においては副作用などもあるので、きちんとした知識を持って使用していただきたいです。